>>トップページ>>育脳教材システムのご案内


学校・学習塾の経営者・教務担当者へ


子どもたちの”学習効果を高める脳力トレーニング”を導入しませんか?

 本教材システムは幼稚園、小学校での産学協同研究から生まれた育脳教材カリキュラムです。
 サービス開始以来、全国の学習塾(70教室)、小学校(2校)において、のべ約2,300名以上の生徒にご利用いただいております。(学校数には、カリキュラム完成後の研究対象校も含みます)

育脳教材システムの特徴

1.学習の基礎能力「ワーキングメモリ」を鍛える

 本教材システムは、脳の情報処理を司る「ワーキングメモリ」を鍛えながら、集中力や自己制御能力を高めるトレーニングを行うことで、学習の基礎能力アップを図ります。
 右のグラフのように、ワーキングメモリとNRTの観点(学力)の相関があること確認されています。ちなみに、学力が高くてもワーキングメモリが高いとは限りませんが、ワーキングメモリの高い児童は学力が高いという傾向が確認されます。

 「ワーキングメモリ」とは作業記憶や作動記憶と訳される脳の機能の一つです。必要な情報を選択して、一時的に保持(短期記憶)し、自らの経験や知識と組み合わせて次の行動を決定し、実行する能力であり、「思考」などの高度な認知活動のベースとなっています。
文章の読解にもワーキングメモリが必須です。詳しくは→脳力道場で鍛えるワーキングメモリとは(PDFファイル)

2.「HQ論」に基づくトレーニング

 HQ(Humanity/Hyper Quotient)とは、IQ(知能指数)に変わる指標で、前頭連合野の持つ人間らしさ(人間特有)の知能のことです。HQの中でもその中心となるのが、「gF(一般知能)」です。北海道大学医学研究科高次脳機能学分野研究室との産学共同研究において、脳の「ワーキングメモリ」機能を鍛えることでgFが伸びることや、ワーキングメモリ能力と学力偏差値の間には高い相関関係があることが確認されています。

育脳教材システムの紹介

学びの根っこ(脳力道場Web版)」、「脳力道場School版」について
「スピード1」のトレーニングによる講座の様子(ムービー)

 
費用
特徴

(脳力道場Web版)
・初期費用(研修を行った場合のみ)
  32,400円〜(交通費別途) 
・システム使用料(月額)
  1教室あたり4,320円 
・アカウント利用料(月額)
  利用者1人あたり648円
・インターネットに接続しないとご利用できません。
・各生徒のトレーニング成績を保存することができます。(毎回、異なるパソコンを使用しても、トレーニングが可能です。)
脳力道場School版
プログラムの
ダウンロード
・初期費用(研修を行った場合のみ)
  32,400円〜(交通費別途) 
・システム使用料(月額)
  1教室あたり4,320円 
※利用可能な生徒数は無制限です
・インターネットに接続しなくてもご利用が可能です。
・各生徒のトレーニング成績の保存はできません。
家庭用「Do you 脳?脳力道場」との違い
・「学びの根っこ(脳力道場Web版)」、「脳力道場School版」は、任意のトレーニングの種類やレベルを選択してトレーニングを行うことができます。
・「脳力コンテスト(nバックタスク)」がいつでも実施できます。(家庭用は5日間のトレーニングにつき1回)
・ワーキングメモリを鍛える紙教材をダウンロードして利用することができます。



 お問合せ、及びご不明な点は下記までご連絡ください。
 「脳力道場School版」の体験版をご希望の方も、お問合せください。

   電話:092-753-7215(担当:真栄喜)
   メール:contact@brainpower.jp

>>トップページ>>育脳教材システムのご案内